みっくす☆ジュース

築38年の家をセルフリフォームしながら暮らす飼い主、そして福を招く元捨て猫 芸のできるフェネック(キツネ)・芸もしなけりゃ散歩も嫌いな犬・メタボなプレーリードッグ・毎日楽しい生活です

06月≪ 07月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2010年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まさかの坂は急坂なのです

前記事からの続きです
前の記事を読んでいない方は前記事からお読み下さい








テラスからまさかの転落をしたサンちゃん w(ToT)w


しっぽを飼っている以上事故は全部飼い主の責任です
今回はテラスにみんながなじんできたことで起きた油断が原因です
それぞれがそれぞれにテラスという場所に慣れてきた

そんなしっぽ達の慣れにワタシが慢心していました

フェンスの上の凛(りん)に気をとられていたワタシ

降ろそうとしてこちらが焦ると反対側に逃げて落ちるかもしれない
普段と同じように声をかけながら凛の動きを見ていました

後ろのサンちゃんには気がいっていませんでした


落ちてから一晩たって様子は体温の低下と食事をとらない状態
あの食いしん坊なサンちゃんが何も食べない
かなりの異常事態です

ただ落ちたその晩は横になっていたのが
1日たって下向きになれること
それから 吐血も下血もないので内臓損傷はしていないかもしれない
少しだけ希望の光が見えました

落ちてから声がかすれて出せません


IMG_6823.jpg


でも落ちた晩はさわらせなかったのが
撫でてやると気持ちよさそうにしています


IMG_6825.jpg


ここまで水分しかやらずに様子を見ていましたが
1日たって出血がないので体力低下を防ぐために
流動食を与えることにしました

サツマイモ にんじん ブロッコリーを湯がいて裏ごし
これを注射器のシリンジで経口投与します


IMG_6830.jpg


他にカロリーの高いモノということで プリンや
シュークリームの中のカスタードクリームを同じくシリンジで与えました

口に入れられればモグモグできます

少し動くようになり 食べたくなくなると


IMG_6828.jpg


毛布に潜ります
頭隠して尻隠さず こんな時にもサンちゃんおかしすぎだよ・・・


3日目 落ちてから初めてのおしっこをしました
血尿ではありませんでした

更に4日目 いつもの半分ぐらいの大きさですがウン○を
これも血便ではなく
更に内臓損傷していない可能性が強くなりました

大きさが小さいのは食べる量が少ないから

ウン○がでないとき 落ち着いているようだったら
ぬるま湯につからせてお腹をさすると腸が動いて排便しやすくなります

サンちゃんもこの方法で更に何粒かのウン○を出すことができました

サンちゃんにつきっきりの飼い主のそばで
寿々音(すずね)が不満気ですが


IMG_6837.jpg


人間のピリピリした気持ちはわかるので決してわがままは言わずにそばにいます


IMG_6839.jpg


現在 サンちゃんはかなり持ち直してきていますが
まだ自分で食事が摂れません


IMG_6938_20100718221552.jpg


でもへそ天になって寝るようになりました
これだけでも大きな進歩です

豆腐トウモロコシあえ りんごヨーグルト
アーモンドプードルとすりごまをにんじんジュースであえたモノ
ラビットフードをふやかしたモノ

飽きないように少しずつ経口投与

職場が近いので こそこそと休み時間に家に戻って
食事を与えます

自分で食べられない今できることは食事を与え続けるだけです

明日からは様子を見て少し動かすようにしていきます
体を動かさないと腸が動かないのです

現状ワタシによって生かされている状態
決していい状態とは言えません
自分で食べる気力がでるのを待っています

痛みで食べられないのか
内臓に問題があるのか
獣医に行けばわかると思いますが
行く事によるリスクを考えると踏み切れません

動物園の獣医さんに聞いた話
手術後 麻酔が覚めたプレーリーが自分の手をいきなり半分以上も囓って
食べてしまったそうです

麻酔後は犬や猫でも暴れるコがいます

麻酔の分量も犬や猫と違います
かなり専門知識のある病院に行かなければなりませんが
我が家からは決して近くない

その距離を車に乗せて移動することは負担にはならないのか
そんなことを考えて 決して若くないサンちゃんに無理をさせられない

そんなことから出た結果が 今回の判断です

そして 落ちたのでは? と思った瞬間に頭に浮かんだのは
まさか!! の3文字でした

まさか隙間からでられるようになっているとは・・・
子供の事故もまさか!!の状態がほとんどですよね

そして まさかの坂は急な坂 転がり落ちたら大事故になるんです


IMG_4902.jpg


IMG_4035.jpg


でも写真を見たらわかるように
サンちゃんはものすごく扉の向こうに執着していたのです
すり抜けるかも・・・と言うことを考えなかったのはワタシのミスです

テンちゃんは抜けると思って
夫に扉に何か板を張ったほうがいいねとは言っていたのです

思ったことはすぐ実行するべきだと言うことを痛感しました



サンちゃんの様子は完全に持ち直したとは言えません

飼い主の無理矢理な経口食にも耐え
がんばっています


食いしん坊でもいいよ


IMG_3739.jpg


こんなサンちゃんをまたみたい!!

どうぞサンちゃんに応援をして下さい


オレ がんばるぜっ
IMG_6432.jpg


ポチっと応援 サンちゃんもガンバル!!


ポチっとしてね!

にほんブログ村 その他ペットブログへ






サンちゃんに回復の希望が見えてきてようやく
客観的に文字にすることができました

コメント有り難うございます

お返事ができない状態ですが
心から嬉しく思っております















スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。