みっくす☆ジュース

築38年の家をセルフリフォームしながら暮らす飼い主、そして福を招く元捨て猫 芸のできるフェネック(キツネ)・芸もしなけりゃ散歩も嫌いな犬・メタボなプレーリードッグ・毎日楽しい生活です

09月≪ 10月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2010年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寿々音 手術でピンチに

昨日 新入りプレを迎えに行って来る間に
寿々音(すずね)の避妊手術をしました

寿々音は元々体重が2,1~2,3㎏という軽量級で
成長も遅かったためもうちょっと大きくなってから・・・と延ばしていました

この夏の暑さがすぎもう待っていてもこれ以上の成長はないので
手術をすることに

寿々音は飼い主依存型のネコですし
わたしが術後のケアもできるので1泊せずに連れ帰る手はずに

予定通り 昨日の昼に手術 夜にお迎え

ネコの避妊手術なんて簡単な部類の手術で
凛などは当日の夜から
エリザベスカラーにケンカを売り 餌もバクバク食べるほどでした

血液検査で異常がなかったので
なんの心配もせずに新入りを迎えて動物病院に戻りました

ところが 迎えに行ったときの寿々音は まだぐったりとした状態で
麻酔が覚めきっていない感じ

説明では血液検査では異常がなかったものの
手術の際の血中酸素濃度が異常に低く
もしかしたら循環器系に問題があるのでは??

とのことでした

心臓や他の内臓は今のところ大きな問題はないそうです
詳しいことは精密検査をしないといけないと言うことなのですが
ただ 検査をしてどこが悪いと言うことがわかったとしても
今の状態で何らかの手立てがとれる訳でもなく
麻酔をまたかけるのはかなり危険を伴うので しばらくは
様子見となりました

状態があまりいいとは言えませんでしたが
麻酔が覚めて ふらついている状態で ワタシを見つけて鳴き フラフラと寄ってくる
飼い主依存型の寿々音を置いて帰ることはかえって心配でしたし

あとできることは安静にするだけで そう大きな問題はないだろうとのことでしたので
万が一の時にはすぐに病院にお願いできるような手はずを整えて
予定通り連れ帰りました


IMG_3112_20101006230844.jpg


昨日は 若干体温も低下しているのか 手足や 口腔内 耳など末端部分が冷たく
歩けもせず 保温して一晩を過ごしました
トイレはいつもの所でしかしないので
連れていって 支えてあげれば自分でできました

ネコって律儀でこんな状態でも砂をかけようとするのがいじらしかったです(TーT;)

昼間は母に預けて私は仕事でした
母からの定期連絡メールの度にドキドキモンでした
でも一日寝ていたそうです


IMG_3103_20101006230843.jpg


夕方はようやくミルクを少しとった程度で
まだ足はふらついて立ち歩きのできない状態で
ワタシが帰ってから何か食べさせようとしましたが
何も受け付けず どうしよ~ と思っていたときに

そういえば先日まじゅさんに送って頂いたチャオの最後が1本あるのを思い出し
細かくして 手渡しでひとかけらずつ食べさせたら
ちょっとだけ食べました

まじゅさんありがとう~♪ 助かりました


IMG_3105_20101006230843.jpg
↑食べていないので痩せた体が更にペチャンコです


でも肉球は少しピンクが戻ってきているので
少しは回復に向かっているようです


IMG_3116_20101006230844.jpg


食べ始めれば胃が動くので お腹が空いて更に食べられると思います

犬なんかは 避妊の後翌日には散歩に行けるぐらい回復が早いのですが
(凛も異様に早かった)

やっぱり 通常サイズより小さいというのは
体のどこかにひずみがでているんだろうな・・・と痛感しました


IMG_3119_20101006230844.jpg
↑オムロンの赤外線治療器を当ててます


明日にはいいお知らせができればと思います

通常更新はお昼に(予約更新です)
寿々音の報告は何事もなければ夜にします

さあ 2晩目の徹夜・・・(昨晩はちょこっと寝ちゃったけど)
寿々音が治るためなら手枕し続けますよ~

ガンバレ寿々音

アナタのパワーを少し分けて下さい


ポチっとしてね!

にほんブログ村 その他ペットブログへ


注)ワタシは ある程度の看護知識もありますし
飼育経験数も多く
また 万が一の際の獣医師の協力も得られるので
自己責任において連れ帰っています

一般の方は獣医さんにお願いした方が無難だと思います
また そのしっぽしっぽの性格で預けた方が良い場合と
家での看護の方が向いている場合もあると思います

我が家の場合を参考にせず
かかりつけ獣医師とよく相談されてご判断下さいm(__)m


尚 写真は全て 今日 10/6pm10時のものです
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。