みっくす☆ジュース

築38年の家をセルフリフォームしながら暮らす飼い主、そして福を招く元捨て猫 芸のできるフェネック(キツネ)・芸もしなけりゃ散歩も嫌いな犬・メタボなプレーリードッグ・毎日楽しい生活です

02月≪ 03月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2011年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手のひらのしあわせ

ワタシの手のひらの中に


IMG_1636_20110323235715.jpg


IMG_1643_20110323235714.jpg


IMG_5168_20110323235714.jpg


いつもあったちいさなしあわせ


IMG_2555_20110323235713.jpg


IMG_0594_20110323235712.jpg


IMG_0496_20110323235920.jpg


IMG_4717_20110323235919.jpg


ネコのくせに手をつないで寝るのが好きだった


IMG_0884_20110323235919.jpg


IMG_0885_20110323235918.jpg


息子の胸の中でも


IMG_0020_20110324000058.jpg


IMG_5174_20110324000057.jpg


夫に抱かれても


IMG_0045_20110324000057.jpg


IMG_0231_20110324000056.jpg


IMG_2379_20110323235713.jpg


キミはとってもしあわせそうだった


いつも人気者でたくさんのお客様にも抱いてもらった


IMG_6849_20110324000056.jpg


IMG_5087_20110324000055.jpg


抱き方が悪いとか たまに文句言ったりしてね


IMG_4539_20110324000339.jpg


IMG_4674_20110324000339.jpg


そして 寝顔はいつもいつも 最高の笑顔だった
ネコのくせに ネコっぽくなかった


IMG_0480_20110324000338.jpg


ありがとう キミのおかげで ワタシはしあわせになれた
ありがとう キミの笑顔でみんなしあわせになれた

もっともっと一緒にいたかった


息子が言っていた
ちいさくてかわいいけど
もう少ししたら ちいさなおっさんになるんだぜって

どんなおっさんになるんだろうって 楽しみだったんだよ

大好きだったよ レイ
たった半年 我が家をしあわせにしてくれた永遠のこねこ

敬意を表して 戒名をつけました
(我が家ではじめて戒名をもったしっぽです)

虎猫院 飄々天生大居士 =とらねこいん ひょうひょうてんせいだいこじ


お彼岸に亡くなる人は 寿命だって言います
レイの命もこの日までと決まっていたのかもしれません

そうと知っていたら
あれもしてあげたかった
これもしてあげれば良かったと
してあげたことより
できなかったことの方が多く挙げられるのが悲しいです

レイが教えてくれたもう一つのこと

明日はどうなるかわからないから
今を精一杯生きよう
そして 今 精一杯愛してあげよう

あとで後悔しないためにも


沢山のコメント有り難うございました
まさかこんなにレイのことを想ってくれている方がいるとは正直思ってもいませんでした
でも
明日から 通常ブログにしたいと思います

こんな時だからこそ 元気になれる楽しい ブログを


それからひとつのコメントへのお返事です

こんなコメントを頂きました

YouTubeの最後に「日本赤十字社に寄付をお願いします」との台詞がありますが、
日本赤十字社にされた寄付金は、
人間の為だけで動物支援にまわされることはありません。
もちろん、被災地域の方たちを救うための呼び掛けでもありますが…

別に揚げ足取りで書いている訳ではなく、
本当にレイ君の仲間を一匹でも救いたくて、
私は、募金は実際に被災地で活動されてる愛護団体もしくは、
日本愛玩動物協会など4つの団体から構成されている災害時緊急動物支援本部に募金してます。



もっともなご意見と思います

これには2つの理由があります

1つは
ニュージーランドの地震のテレビを見ていて
私は そのすごさにショックを受けましたが
そこにいたはずのイヌやネコのことを考えられませんでした

海外への援助を!
被災地の悲惨な状況だけではなく
ちいさなネコがこんなに苦しんで
同じ仲間を助けて欲しいと呼びかけていることを目にしてくれたら
少しでもそこにいた動物のことも気にかけてくれたら
そう思いました

おかげさまで けっこういろいろなお国の方が私の動画を見てくれているようです
どこの国からも募金に協力できるもっともスタンダードな
赤十字社を載せました


そして 2つめは もちろん被災地の動物を救いたい
これは大きな願いです・・・が
それには 被災地の人が助からなければならないと思うからです

もしも 人が生きていくのに精一杯な状況で
道にうずくまったネコを見つけたときに
果たしてそのネコを迎え入れられるでしょうか?

被災者で 避難所にいる ギリギリ生きていくだけで精一杯の人に
それを望むのはムリなのではないでしょうか?

悲しいことですが どんなときでも救済は人が優先です
それは当たり前だと思うのです

もちろん 被災地以外からの動物への救援もどんどん進んでいて
嬉しいことですが ひとつでも多くの命を救うには
やはり そこに住み続けていく人の手が必要ではないでしょうか?


きっと助けられた人が いつかちいさな命を助けてくれると信じています



そして同時に 動物を救うための義援金活動も進めています
レイと約束しましたから


ポチっとしてね!


にほんブログ村 猫ブログへ


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。