みっくす☆ジュース

築38年の家をセルフリフォームしながら暮らす飼い主、そして福を招く元捨て猫 芸のできるフェネック(キツネ)・芸もしなけりゃ散歩も嫌いな犬・メタボなプレーリードッグ・毎日楽しい生活です

07月≪ 08月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 自然なこと・・・でもBLOGTOP » にゃんこ » TITLE … 自然なこと・・・でも

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然なこと・・・でも

昨日はレイのことを心配して下さって有り難うございました

レイは膀胱炎でした
一昨日 朝から膀胱炎と確信していたのですが
その日は貴重な少ない出勤日の1日
そして 獣医さんは休診日でしたので1日自己療法をとりました


IMG_5660_20110309203034.jpg


これだけしっぽもいますので
ある程度の治療薬は獣医師から処方してもらって常備しています

食欲はしっかりあるので大丈夫
あとは充分な水分の補給 保温 抗生剤の投与で
進行は防げます

診察結果はやはり膀胱炎

薬は前日に投与していたモノをそのまま続けることに

でも 膀胱炎よりもいろいろなことがわかってきました

3月で8ヶ月になるレイは 体重1,5キロ
一般の雄猫の3分の1以下です


IMG_5669_20110309203033.jpg


未熟児で生まれたレイは 本来親猫に育てられていたら
ミルクを飲むこともままならなかったでしょう
母ネコは生命力のない仔ネコを見分けると
普通授乳などの子育てを放棄します

母ネコが育てたいと本能で思う魅力的な仔ネコは
大きな声で鳴き 兄弟を押しのけぐいぐいお乳を飲む
生命力にあふれた仔ネコです

レイのような貧弱な未熟児は一番先に除外される対象です

でもレイはへその緒つきで兄弟と一緒に捨てられていて
拾ってくれた方はそれこそ愛情を注いでレイを育ててくれました
そのご苦労は並大抵ではなかったと思います

そのおかげで レイは生き残ったのです

自然淘汰されるかもしれなかった命

淘汰されるべきだったとは思いませんが
自然だったら生き残らなかった命にはそれなりの訳があったはず

同じ63日間お腹の中で育ったのに兄弟の1/3程度しか育たなかったのには
何らかの異常が身体にあるため・・・と考えられます

育たなかったはずの仔ネコ
人間の手である程度のサイズにまで育てる事ができても
やはり身体の異常はなくなりませんでした

レイの場合は 成長障害(ホルモンの不足?)故に
虚弱体質 目の異常 股関節の問題による歩行障害がおきています


IMG_5677.jpg


他にも
排尿間隔が異常に長い (放って置くと1日1回位だったりする)など
頭に信号を送る機関がどうも正常ではないらしい
(膀胱炎はこれが原因)

更に獣医師曰く 知能程度も一般的なネコよりは劣っているのであろうと・・・

そういえば レイは名前を覚えるのがすごく遅く
呼んでも無反応なので耳も悪いのか・・・と思っていたのです

でも最近ようやく呼べば反応できるようになってきました
これって 自分の名前を覚えていなかったせいだったのでは??

それに人間で言う感情表現がうまくできないので
ゴロゴロもあまり言わなかったのか・・・と妙に納得


IMG_5680_20110309203032.jpg


そんな 知的障害はしっぽにもあるか・・との話を獣医師としていたときに
たぶんそういった障害を持って生まれた場合は
自然淘汰されているので目に付かないのだろうという話になりました


あぁああ(・.・;)
レイは障害があって 本当なら淘汰されてしまう運命だったかもしれないのに
人間が生かしてしまったことで 今いろいろな障害が
彼の身に起きているんだと 納得しました


IMG_0353_20110309203032.jpg


自然淘汰は悲しいことですが
ネコも イヌも ハムスターも自然界で暮らすライオンもすることです

誰が教えたのでも手を下したのでもない
母親が本能で
引き継いできた強い生命を子孫に受け継がせる方法

母ネコが仔ネコを見捨てるのは
育ってから辛い思いをして生き続けなくていいように
その結果辛い死に方をしないで済むように
神様が与えてくれたひとつの道ではないかと

でもレイは 成長は遅いかもしれないし
頭もちょっと足りないのかもしれないけれど
一生懸命に生きています

誰よりも必死にごはんを食べます


IMG_3300_20110309203538.jpg


名前を呼べば走ってこられるようにもなりました

ワタシが帰宅すると寿々音の後を付いて階段を下りて1階の母の部屋までやってきます
(帰宅後母の部屋でお茶を飲むのがワタシの習慣)
ドアが開いていなければ ギャ~ギャ~と外で鳴いて呼んでくることも覚えました
(レイはだみ声)

もはや我が家にはいなくてはいけない存在です

トイレがうまくできなかったり
他のネコとの交流がヘタだったり
ゴロゴロも言わないし
免疫力が弱いので病気も良くするし
ごはんは処方食しか食べられなくてお金もかかるけど
それでも一生懸命生きてくれているだけで
ワタシはうれしい!

だから人の手を加えて生き続ける道を選ばしてしまった以上
その道が少しでも楽でそして楽しい道になるようにすることが
それがワタシの役目なんだ・・・と思います

未だにいつまで生きるかわからない
たぶん寿命は短いだろうと獣医師に言われているレイ

(一般の飼い主さんと違って 獣医さんもワタシには本音で話してきます・・・)

だからこそ楽しく 辛くなく 痛いこともなく 生きて
彼に与えられた寿命を全うして欲しいと願っています

今日もゴロゴロ言わないけれど
抱っこされて 気持ちよさ気なレイ


IMG_0357.jpg


仕事に行くまでのつかの間のひととき


IMG_0367_20110309203203.jpg


レイの笑顔でワタシも嬉しい

さあ 今日も頑張ります


応援してね
IMG_0006_20110309204000.jpg


ポチっとしてね!


にほんブログ村 猫ブログへ

*** COMMENT ***

おだやかなお顔

レイくんしあわせだね。
救われてしあわせになる命より
誰にも気付かれず消えていく命のほうが
たくさんあるなんて。
たとえ後遺症や病気があっても、
レイ君みたいにしあわせな瞬間を
知ることができたら・・・
誰にでも生まれた意味って必ずあるはず。
たくさんの命が救われてそうなればいいなぁ。

NO TITLE

はじめまして。。。
私のブログにあなたのブログを見てみてください。。と
アドバイスを下さった方がいらっしゃり、こちらへ伺いました。
http://ameblo.jp/nasunokitchen/entry-10825318453.html#main
こちらに諸事情が書いてありますが、車にひかれた血まみれの猫を
保護しました。今、入院3日目です。
自分の飼っている猫ではないですし、飼い猫、飼い犬も含めるとすでに4匹。
子供も3にんいて、助けたい気持ちで一杯だけれどといろんな想いをもっていました。

いろんなコメントをもらい、どうしてよいのかずっと悩んでいました。
でも、今日お見舞いにいったら目だけですが動いてる。半身不随かもしれないけど
生きている。。。できるかぎり治療して面倒をみたい。。
そう思っていました。
実際にこんな風に大変な状態でもいとおしく育ててらっしゃる方の気持ちを
読んでなおさら勇気がでました。
猫の様態は膀胱は同じく排泄が難しく、左の目、鼻等つぶれており頭も
打っています。なので多分見た感じでは生きても左半身不随かもしれません。
どうなるのかわからないけどレイちゃんのように力強くいきて欲しいです。
長々コメント。。。すみませんでした。。

NO TITLE

こんばんは。
いつもブログ拝見しています。

レイ君、膀胱炎なんですね。
早く治るといいですね。レイ君がんばれ!!

レイ君は、私は、幸せだと思います。
マメKさんという優しい方と暮らせて・・・(。・ω・。)

いろいろと大変ですが、マメKさん・レイ君頑張ってください。

NO TITLE

とっても小さくてか弱い子猫のレイ君だけど、マメKさんを通して発信される命のメッセージは、とても大きくて力強いものだと思います。。

マメKさんの許にレイ君がきたのは、偶然でしょうか?
他のしっぽちゃん達ももちろん、その時、その場所、その人の許に命が集るって、やはり縁なんだろうな・・と思います。

そしてブログを見つめている私たちも縁の中の一部。

色んな想いや気付きをここで頂いています。
ありがとうございます。(^-^)

信じてあげて!

うちのも野良猫の子で、伝染病にかかって瀕死のところを拾いました、というよりも、親がいない隙に拉致しました。この子の母親は病気の子を見捨てずに、他の子供達の三分の一ほどの大きさしかなく、自分では動けず、目も開かなかった(目やにでふさがっていた)今の家の子を咥えて移動していました。
拾った時の体重は280gでした。獣医さんにも「駄目かもしれないよ」と言われました。
健常便が出るまでに三ヶ月、最初の一年間は連日の病院通いと入退院院の繰り返し、「どうせ育てるならもっと良いネコを」、「一番の発育期にそんな状態じゃ頭も身体も弱いわよ」「もう一度捨てたら」というご意見を種々拝聴しながらも、拾った以上は覚悟を決めて育てました。
以来11年持病も無く元気で暮らしております。猫にも運命があると思います。どうか、きっと元気になると信じてあげて一緒に暮してあげてください。釈迦に説法でしょうが、助けたと思った私が、その何倍も何倍も助けられ、様々なことを教えられております。

NO TITLE

こんにちは。

今日の記事を見て、
泣きそうになりました。

レイ君はきっと、
みなさんもおっしゃる通り
マメKに出会うために生まれてきたんですね。

実の母親に捨てられたり、体が弱かったり、目が悪かったり
色々と大変なことはあるとは思うけど、
マメKさんに育てられて、大切にされて
大好きと思える人に甘えられるなら
今はとても幸せだと思います。

マメKさん、勝手なことをいいますが・・・
大変だとは思いますが、がんばってください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NO TITLE

こんにちは。

うちの子も、へその緒つきでした。でもずっと健康できましたが、
9年を過ぎたあたりから、色々と病気を、もう長くはないと言われた時、
可哀想と嘆くのではなく、この子の残された時間がいかに素敵になるか
それだけを考えるようにしました。もう3年たちました、今でも病気はしますが、元気です♪

レイくんとマメkさん、(もちろん拾われた方も)は、運命だったのです。

人間の手で生かしてしまい、結果辛い事があるかもしれませんが、
言葉をもたないにゃんこの気持ちを代弁するのは、飼い主しかいません。
飼い主さんがその子の事を思って出す結果が一番だと私は信じています。
(私は悩みながらもそうやって子(猫)育てをしています♪)

レイくんの気持ちいい顔、可愛すぎます♪沢山の方をメロメロにしてしまうレイくんは
色男ですねっ!

レイくんごはんモリモリ食べるんだよぉ~♪

NO TITLE

こんにちは
コメントはお久しぶりですが、毎日かかさず読ませていただいてます。

レイくん、マメKさんのもとでいろいろなしっぽ仲間達と一緒に
楽しく過ごしていってくれればいいですね。

我が家も最近仲間入りした猫がいまして、やはりこの子も
母親に母乳を飲ませてもらってなかったのだろうと
獣医さんがおっしゃってました。
(なので病気の治りがとっても遅かったです)

その時にマメKさんがおっしゃってるような内容をオットと
話したりもしました。「保護しちゃってよかったのかなぁ・・・」とか。

でも、うちも もうその猫がいない生活は考えられないし。
我が家でへそてんで無防備に寝ている姿を見ると、
自己満足かもしれないですけど、よかったなぁと思うのです。
あとはこの猫(&もちろん先住犬も!)が毎日楽しく幸せに
過ごせるように、どんな事があっても最期まで一緒にいて
あげる事が、私に出来る事かなぁと思ってます。

マメKさんちのしっぽ達には癒されたり笑わせてもらったり
ほろっとさせられたり、ホント毎日ありがたいです。
これからもレイくんの成長も含めて楽しみにしてます。

NO TITLE

はじめまして!
最後まで読ませてもらっているうちに涙が止まらなくなりました。
うちも片目を失い、瀕死だった子が今実家で暮らしています。
出会わなければ確実に消えていた命・・。
だからこそうちにに来たんだ!と今は思うようにしています。

きっとレイくんも、マメKさんに出会うために生まれてきたのだと思います。
たくさんご飯を食べて、「生きるんだ!」とアピールしています。
それを見守るマメKさんに、本当に頭が下がる思いでいっぱいです。
頑張れ!頑張れ!レイくん!


神様のプレゼント

レイくんは生きる為に生まれてきたんです!

まめKさんちに来る為に「不都合」を神様からもらってきっとニコニコ笑顔で来たんだと思います。
レイくんはほんわかな人生(ニャン生)を自分で選んで来たんですよ。

愛おしすぎて泣けちゃうけど、まめKさんに出会えて大成功です!!!

知的障害は人間が作った言葉です。
レイくんはそのままレイくんです。

色々手数はかけちゃうけどきっとみんな幸せを感じているはず。。。

私もレイくんやいっぱいのしっぽ達の幸せを祈れる自分に気づかせてもらえて感謝です♫

さあ、今日も仕事頑張ります。ありがとう!

NO TITLE

初めまして。先月から、毎日拝見させていただいています。

読み終わって、自然て、優しくて残酷なんだなと、思いました。

我が家も昨年6月に、ユッちゃんと同じ犬種、同じ色・顔の模様の男の子を
8歳6日で、亡くしました。 彼もいくつかの疾患を持っていました。

どんなに疾患を持っていても、可愛いわが子に変わりありません。
知的障害があっても、レイ君はマメKさんに抱っこされて、こんなに
気持ち良さそうな、嬉しそうな表情をしています。
レイ君頑張れ! マメKさん家族や仲間に、沢山可愛がってもらってね。

XX不動の少し向こうの地から、応援しています。



レイくんは自然淘汰されるべきではないからマメKさんに出会ったんですよ、きっと。

障害を持って産まれたのも運命なら
マメKさんの元で生きているのも運命です。

マメKさんに出会い、
いろんな友達ができて
レイくんは、絶対幸せ。

知的障害があっても、愛は伝わってるはずですよー。

これからもカワイイレイくんの姿、見せてください。

NO TITLE

うん、うん、って言いながら、涙があふれました。でも・・・・・、それでも、生きてる!だからレイ君、生きていっぱいマメKさんに愛されてほしい。レイ君はかわいいきれいなお星様だね。

NO TITLE

こんばんは~★

レイ君。
そっか~いろんな障害を持ってるんやね!
このブログを読んで野良のお母さんが子育て放棄するわけがわかった。
なるほど・・・これも仕方のない事なんやね~

でもね、レイ君はマメKさん家にくる運命だったんよ!
マメKさんだから大丈夫なの!
人間の赤ちゃんも障害を持って産まれてくる子は
そのこがお母さんを選んで産まれてくるんやもん。
これがたまたま猫ちゃんやったけど
やっぱレイ君はここが居場所なんよ!

これからもレイ君がたくさんの人にいっぱいいっぱいのメッセージをくれると
私は思うな~~

レイ君!頑張るんだよ~~
せっかくもらった命やもん!
人間の暖かさをしっかり感じるんだよ~~

こんばんは

レイはね、みんなが言う様に、マメKさんやマメK一族に
会う為に生まれたんだ。
直ぐに死んでもおかしく無い命が生き残る。
これにもちゃんと訳があってね。

レイよりも実は、レイに関わってる全ての存在に意味があるんだよ。
特に、マメKさんや家族ね。
レイに関わる事で、沢山の事を経験して学ぶんだ。
これはきっととっても貴重な経験になるよ。

そして、マメKさんがその事をブログを通じて発信する事で
更に沢山の人達が各々に必要な事を学ぶんだ。
もちろん、僕も。

レイは沢山のメッセージをこれから発信して行くよ。
それはマメKさんを通してね。

レイからのメッセージ
「ありがとう、本当にありうがとう」

NO TITLE

レイ君、出来る限り長生きして出来る限り幸せを感じる毎日を過ごせますように。
人間のお子様でもいろいろ不都合なモノを抱えて生まれるケースはお聞きしておりますし、ねこさんの水頭症もありますし、思えば病気はあらゆる生き物についてまわるのですねぇ。。。マメKさんも毎日お忙しいけれど、お体をお大事に。マメKさんが大好きなしっぽちゃんがたくさんいるものねぇ。

NO TITLE

病気しやすいと言うのはちょっとリスクがありますけど、ちょっとのんびり屋さんでも、失敗することが多くても、かわいいものは可愛い♪

レイ君は大変な状態から拾い主さんに救われて、マメKさんちに引き取られるという物凄い幸運をもち、そして何よりレイ君には「生きたい」と言う意思がありますものね。
「生かしてしまった」のではなくて、レイ君が「生きたい」と願ったのだと思いますよ。

手放しで可愛がられる幸せをこれからもレイ君に。

そして膀胱炎・・・慢性にならないように祈ってますよ>人<(うちのルーにゃんみたいにならないで~)

応援しています

毎日ブログを楽しみに読ませていただいております
我が家にもへその緒付きだった素敵な拾い物にゃんが7にゃんおります
今日の記事を読んで 泣けました
だけどレイくんは本当に幸せです
いつも ずっと 応援しています!

難しいですね

いつも、読ませて頂いています。

私の猫も今年の1月に亡くなりました。
庭に捨てられていて、片足が無かったのですが・・・
きっと誰かが見かねて置いていったのだと思います。
私の家には、数匹の猫が遊んでいましたから。
一縷の望みを託して置いて行かれたと解釈しています。

きっと、そのままでは死んでいたと思います。
健康な猫より19年という一番長生きしてくれました。
結局、辛い苦しい思いをさせただけかもしれないかもしれませんが
放っておく事はできませんでした。自己満足かもしれませんが・・・・

どうする事がベストなのか分りません。
きっと、誰も答えられる人はいないと思います。

NO TITLE

レイくん、膀胱炎だったのですか。。。
そして他の事も色々と分かってきたようですね。

膀胱炎は再発率が高いですが薬で治ります。
しかし成長障害や知能指数については
レイくんという仔猫が持って生まれたモノで治療は困難。
もしかしたら自然淘汰されるべき子だったのかもしれませんが、
そのレイくんを保護し一生懸命育ててくれた方がいて、
そして今 マメKさんの家族になった事、
これこそが 『レイくんの運命』 だったのではないかと、、、。
そう、自然淘汰されなかった事が運命。
もしかしたら本当に長く生きられないのかもしれないけれど
(七宝くんもそう言われました。)、少しでも長生きして欲しいけれど
人間と一緒で長さではなく 『どう生きたか。』 、それが1番なのかと。

でもレイくんはきっと、そんな小さな事は全く気にしないで
1日1日幸せに生活していると思いますよ♪
なんたってマメKさんの家族なのですからっ☆

長くなりましたが、、、レイくん、膀胱炎 早く治しちゃおうね!!

NO TITLE

うまく言葉にできません。
でも、最初にレイくんを育ててくださった方に、
そして、なによりもマメKさんに、ただただ頭が下がるのみです。
いろいろな障害を抱えていても
レイくんは、レイくんのペースで一生懸命生きているのですね。
ぎゃあぎゃあ鳴きながら、
マメKさんを探して一生懸命階段を降りてくるレイくん
ドアの向こうからマメKさんに呼びかけるレイくん・・・

レイくん おかぁにゃんに出会えて本当によかったね。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。